<   2019年 07月 ( 58 )   > この月の画像一覧
朝歌7月15日
c0169176_07200881.jpg
am6:07

c0169176_07201243.jpeg
くもぐものかさなりふかみねずのそら

c0169176_07201520.jpeg
雲等重々鼠色空也

by mteisi | 2019-07-15 07:22 | 朝歌
c0169176_07190764.jpeg
カン おわる・ことごとく・みな
会意
戉(鉞)と口からなる。
口はサイで、
祝禱を収める器。
これに聖器である鉞を加えて、
その祝禱の呪能を守る意で、
鉞を加えて封じ終わることを緘終という。

by mteisi | 2019-07-15 07:19 | 語源で遊ぶ
萬葉集1437
c0169176_07180366.jpeg
人事之 繁間守而 相十万八 反吾上尒 事之將繁
一言の 繁き眞守り 逢ふともや なほ吾が上に 言の繁けむ

c0169176_07180527.jpeg
里人 言縁妻乎 荒垣之 外也吾將見 悪有名國
里人の 言よせ妻を 荒垣の 外にや吾が見む 憎くあらなくに



by mteisi | 2019-07-15 07:18
詩経697
c0169176_07162364.jpeg
天降喪亂 滅我立王     天喪亂を降し 我が立王を滅す
降此■(矛二虫)賊 稼穡卒痒  此のボウ賊を降し 稼穡卒く痒む
哀恫中國 具贅卒荒     哀恫なり中國 具に贅し卒く荒す
靡有旅力 以念穹蒼     旅力有ること靡し 以て穹蒼を念ふ

by mteisi | 2019-07-15 07:17 | 詩経
朝歌7月14日
c0169176_07414399.jpeg
am6:20

c0169176_07414813.jpeg
いちめんにかすみかきりかしろいそら

c0169176_07415247.jpeg
霞霧一面然而白空 鼎

by mteisi | 2019-07-14 16:45 | 朝歌
c0169176_07400399.jpeg
カン おとしあな・おちいる
象形
人があなに陥ちる形。
篆文の字形は、
人が凵中に陥つたその傍らに、
土の崩れるさまを示す小点を加えている。
卜文には、
凵中に逆茂木をうった形と思われるものがあり、
獣をとるときの陥穽の形と同じ。

by mteisi | 2019-07-14 07:40 | 語源で遊ぶ
萬葉集1436
c0169176_07370980.jpeg
昨日見而 今日社間 吾妹兒之 幾許繼手 見巻欲毛
昨日見て 今日こそ隔て 我妹子が ここだく繼ぎて 見まく欲しきも

c0169176_07371265.jpeg
人毛無 古鄕尒 有人乎 愍久也君之 戀尒令死
人も無き 古りにし里に ある人を めぐくや君が 戀に死なせむ



by mteisi | 2019-07-14 07:38 | 萬葉集
詩経696
c0169176_07360215.jpeg
如彼遡風 亦孔之■(亻愛)  彼の風に遡って 亦孔だ之れアイするが如し
民有肅心 ■(艹幷)云不逮  民肅心有も 云に逮ばざらシむ
好是稼穡 力民代食    是の稼穡を好み 民に力むつに代りて食ましむ
稼穡維寶 代食維好    稼穡維れ寶 代食維れ好し

by mteisi | 2019-07-14 07:36 | 詩経
朝歌7月13日
c0169176_07260304.jpg
am6:32

c0169176_07260877.jpeg
ながむればいちのじえがくねずいろの

c0169176_07261271.jpeg
眺望雲様鼠彩一描 鼎

by mteisi | 2019-07-13 07:44 | 朝歌
c0169176_07243059.jpeg
カン つかさ・つかさどる
会意
宀と𠂤とからなる。
宀は廟屋、
𠂤は軍を発するときに奉ずる祭肉の形。
軍行中はこれを聖所におき、
軍令を行うところとした。

by mteisi | 2019-07-13 07:24 | 語源で遊ぶ