古今和歌集349
c0169176_612510.jpg
am6:05☆
薄紫の鼠色。

c0169176_6121077.jpg


ほりかわのおほいまうちぎみの四十の賀九条の家にてしける時によめる
 在原業平朝臣

さくら花ちりかひくもれおいらくの
こむといふなる道まがふがに

堀河の大臣(藤原基経)の四十の年賀を九条の家で催したときに詠んだ歌。

さくら花よ、ここかしこの区別もつかぬように、散り乱れてくもってくれよ。
老いらくがやってくるであろうという道がわからなくなって来なくなるように。
# by mteisi | 2011-05-19 06:21 | 古今和歌集
古今和歌集348
c0169176_6121683.jpg
am6:04☆
ぼんやりと霞んだ地平から空の色へ。

c0169176_612267.jpg


仁和のみかどのみこにおはしましける時に、御おばのやそぢの賀にしろがねを
つゑにつくりけるを見て、かの御おばにかはりてよみける
 僧正へんぜう

ちはやふる神やきりけむつくからに
ちとせの坂もこえぬべらなり

光孝天皇がまだ親王でいらっしゃったときに、御祖母の八十の賀のために銀で
杖を造ってあったのを見て、その御祖母に代わってよんだ歌。

この杖は神がきって造ったのであろうか、これを造って若返って、
千年の齢の坂も越えてしまえそうである。
# by mteisi | 2011-05-18 06:26 | 古今和歌集
古今和歌集347
c0169176_6382825.jpg
am6:30☆
紫がかったぐれーからブルーへ。

c0169176_6383419.jpg


仁和の御時僧正遍昭に七十の賀たまひける時の御歌

かくしつつとにもかくにもながらへて
君が(脱字)やちよにあふよしもがな

光孝天皇のみ代、僧正遍昭に七十歳の年賀を賜わったときの天皇の御製。

今日このように祝宴を設けて、あなたの年賀をことほいでいるが、
私もともかく生きながらえて、さらにあなたの八千代にあう方法があればよいがなあ。
# by mteisi | 2011-05-17 06:48 | 古今和歌集
古今和歌集346
c0169176_639884.jpg
am6:32☆
白っぽいグレーが一面に。

c0169176_6392363.jpg


わがよわひ君がやちよにとりそへて
とどめおきてば思ひいでにせよ

わたしの寿命を、あなたの八千歳もの長寿にさらに加えて残しておいたならば、
そのぶん生きる時の思い出にしてください。
# by mteisi | 2011-05-16 06:46 | 古今和歌集
古今和歌集345
c0169176_5584826.jpg
am5:50☆
ぼんやりとうっすらと。

c0169176_5585265.jpg


しほの山さしでのいそにすむ千鳥
きみがみ世をばやちよとぞなく

しほの山さしでの磯にすんでいる千鳥は、
あなたの御寿命を「やちよ(八千年)」と鳴いている。
# by mteisi | 2011-05-15 06:06 | 古今和歌集
古今和歌集344
c0169176_6174952.jpg
am6:10☆
青い空と白い雲が。

c0169176_6175682.jpg


渡津海(わたつみ)の浜のまさごをかぞへつつ
君がちとせのありかずにせむ

海洋につづく広大な浜辺にある砂粒をかぞえて、
あなたの千年もつづく長寿の年齢の数にしよう。
# by mteisi | 2011-05-14 06:24 | 古今和歌集
古今和歌集343
c0169176_6122261.jpg
am6:05☆
ちぢれ雲がぼんやりと。

c0169176_612318.jpg


題しらず
 よみ人しらず

わが君は千世にやちよにさざれいしの
いはほとなりてこけのむすまで

あなたは千年も万年も長生きしていらっしゃいませ。
小さな石が成長して大盤石となって苔が生えるようになるまでも。
# by mteisi | 2011-05-13 06:18 | 古今和歌集
古今和歌集342
c0169176_617422.jpg
am6:07☆
ホワイト&グレー。

c0169176_618359.jpg


「歌たつまつれ」とおほせられし時によみたてまつれる
 きのつらゆき

ゆく年のしくもあるかなますかがみ
見るかげさへにくれぬと思へば

「歌を奉れ」と仰せられたときに詠んだ歌。

すぎ去ってゆく年の惜しいことであるよ。
年が暮れるのみでなく、澄んだ鏡に映して見る私の影までも、
人生の暮れに近づいてしまったように思われるので。
# by mteisi | 2011-05-12 06:25 | 古今和歌集
古今和歌集341
c0169176_693658.jpg
am6:07☆
雨にけぶる。

c0169176_694062.jpg


年のはてみよめる
 はるみちのつらき

昨日といひけふとくらしてあすかがは
流れてはやき月日なりけり

年末に詠んだ歌。

昨日はどうであったといい、今日はどうであるとて日を暮らし、
さてあすになるが・・・・・その明日香川の流れのように、
月日のたつのは早いものであるよ。
# by mteisi | 2011-05-11 06:18 | 古今和歌集
古今和歌集340
c0169176_610720.jpg
am6:02☆
グレーの雲が重なっている。

c0169176_610131.jpg


寛平の御時きさいの宮の歌合のうた
 よみ人しらず

雪ふりて年のくれぬる時にこそ
つひにもみぢぬ松も見えけれ

寛平の御時の后の宮の歌合に番(つか)われた歌。

雪が降って寒くなり年も暮れてしまう時になってはじめて、
いかなる風雪にも堪えて最後まで色を変えなかった松の
すばらしさもわかるのであるよ。
# by mteisi | 2011-05-10 06:20 | 古今和歌集