萬葉集1032
c0169176_07131431.jpg
君無者 奈何身將装餝 匣有 黄楊之小梳毛 將取跡毛不念
君無くは なぞ身よそはむ くしげなる 黄楊の小櫛も 取らむとも 思はず

c0169176_07131858.jpg
藤井連遷任上京時娘子贈歌一首
從明日者 吾波孤悲牟奈 名欲山 石踏平之 君我越去者
明日よりは 吾は戀ひむな 名欲山 石ふみならし 君が越えいなば



# by mteisi | 2018-05-20 07:13 | 萬葉集
詩経282
c0169176_07115791.jpg
出車
我出我車 于彼收矣  我 我が車を出す 彼の牧に于いて
自天子所 謂我來矣  天子の所自り 我に來れと謂ふ
召彼僕夫 謂之載矣  彼の僕夫を召し 之れに載せよと謂ふ
王事多難 維其棘矣  王事難多し 維れ其れ棘なり

# by mteisi | 2018-05-20 07:12 | 詩経
朝歌5月19日
c0169176_07111676.jpg
am5:35

c0169176_07112140.jpg
ねずくものふかくひろがるあめふくみ

c0169176_07112480.jpg
鼠雲深広含雨天空

# by mteisi | 2018-05-19 07:13 | 朝歌
c0169176_07054731.jpg
シュ ひ・あるじ・つかさ・おもに
象形
灯火の火主の形。
上部の小点が火主の形、
下部は鐙(あぶらざら)の形。
金文は炎の形。

# by mteisi | 2018-05-19 07:10 | 語源で遊ぶ
萬葉集1031
c0169176_07045203.jpg
泊瀬河 夕渡來而 吾妹兒何 家門 近舂二家里
泊瀬河 夕渡り來て 吾妹子が家の門に 近づきにけり
 右三首柿本朝臣人麻呂歌集出

c0169176_07045558.jpg
石川大夫遷任上京時播磨娘子贈歌二首
絶等寸笶 山之峯上乃 櫻花 將開春部者 君乎將思
たゆらきの 山の峯の上の 櫻花 咲かむ春ベは 君をしのはむ

# by mteisi | 2018-05-19 07:05 | 萬葉集
詩経281
c0169176_07033085.jpg
昔我王矣 楊柳依依  昔我往きしとき 楊柳依依たりき
今我來思 雨雪霏霏  今我來る 雪雨ること霏霏たり
行道遲遲 載渴載飢  道を行くこと遲遲たり 載ち渴し載ち飢す
我心傷悲 莫知我哀  我が心傷悲す 我が哀を知る莫し

# by mteisi | 2018-05-19 07:04 | 詩経
朝歌5月18日
c0169176_08321456.jpg
am6:38

c0169176_08321899.jpg
かずみぞらくもゝかさねていやふかし

c0169176_08322167.jpg
霞空重雲弥深之也

# by mteisi | 2018-05-18 08:34 | 朝歌
c0169176_08294703.jpg
ゲン くろ・ふかい・しずか
象形
糸たばを拗じた形。
黒く染めた糸をいう。


# by mteisi | 2018-05-18 08:31 | 語源で遊ぶ
萬葉集103
c0169176_08230569.jpg
獻弓削皇子歌一首
神南備 神依板尒 爲杉乃 念母不過 戀之茂尒

c0169176_08230989.jpg
獻舎人皇子歌二首
垂乳根乃 母之命乃 言尒有者 年緒長 憑過武也
たらちねの 母の命の 言にあれど 年の緒長く たのみ過ぐさむ

# by mteisi | 2018-05-18 08:29 | 萬葉集
詩経280
c0169176_08102400.jpg
駕彼四牡 四牡肌騤  彼の四牡に駕す 四牡騤騤たり
君子所依 小人所腓  君子の依る所 小人の腓ふ所
四牡翼翼 象弭魚服  四牡翼翼たり 象弭魚服
豈不自戒 玁狁孔棘  豈日に戒めざらんや 玁狁孔だ棘なり

# by mteisi | 2018-05-18 08:21 | 詩経