朝歌1月23日
朝歌1月23日_c0169176_07502414.jpg
am7:09

朝歌1月23日_c0169176_07502984.jpeg
あけぞらのさかもぎのごとおゝうくも

朝歌1月23日_c0169176_07503274.jpeg
晨空覆雲如逆茂木 鼎

# by mteisi | 2020-01-23 07:54 | 朝歌
萬葉集1623
萬葉集1623_c0169176_07483413.jpeg
戀云者 薄事有 雖然 我者死十方
戀ふと云へば 薄き事なり 然れども 我は忘れじ 戀ひは死ぬとも

萬葉集1623_c0169176_07483864.jpeg
中々二 死者安六 出日之 入別不知 吾四九流四毛
なかなかに 死なば安けむ 出づる日の 入る別知らぬ
吾し苦しも

# by mteisi | 2020-01-23 07:49 | 萬葉集
県_c0169176_07494270.jpeg
ケン かける・くに
会意
旧字は縣に作り、
キョウと系からなる。
キョウは首を倒(さかさま)にして縣けた形。
系はそれを木の枝などに繫ける紐。
懸は縣首の形。

# by mteisi | 2020-01-23 07:49 | 語源で遊ぶ
蘇東坡36
蘇東坡36_c0169176_07464818.jpeg
晨鷄且勿唱    晨鷄且く唱ふる勿れ
更鼓畏添■(木過) 更鼓ムチを添ふるを畏る
坐久燈燼落    坐すること久しくして燈燼落つ
起見北斗斜    起ちて見る北斗の斜めなるを
明年豈無年    明年豈年無からんか
心事恐嗟跎    心事恐くは嗟跎せん
努力盡今夕    努力そて今夕を盡さん
少年猶可誇    少年猶ほ誇る可し

# by mteisi | 2020-01-23 07:47 | 蘇東坡
朝歌1月22日
朝歌1月22日_c0169176_08071342.jpg
am7:43

朝歌1月22日_c0169176_08072070.jpeg
くもあやのかさなるたえのひびきかな

朝歌1月22日_c0169176_08072337.jpeg
雲彩重妙有韻玄幽 鼎

# by mteisi | 2020-01-22 08:09 | 朝歌
萬葉集1622
萬葉集1622_c0169176_08053127.jpeg
白細布之 袖折反 戀者香 妹之容儀乃 夢二四三湯流
白たへの 袖折返し 戀ふればか 妹が姿の 夢にし見ゆる

萬葉集1622_c0169176_08053475.jpeg
人言乎 繁三毛人髪三 我兄子乎 目者雖見 相因毛無
人言を 繁みこちたみ 我が背子を 目には見れども 逢ふよしもなし

# by mteisi | 2020-01-22 08:06 | 萬葉集
建_c0169176_08062361.jpeg
ケン・コン たてる
会意
聿(いつ)と廴(いん)からなる。
廴は儀礼を行う中廷の牆壁の形。
その中廷に聿(筆)を立てて、
方位や地相を卜し、
また宮廟を建てるときは、
その地を定めること。

# by mteisi | 2020-01-22 08:06 | 語源で遊ぶ
蘇東坡35
蘇東坡35_c0169176_08042077.jpeg
守歳
欲知垂盡歳  盡るに垂んはる歳を知らんと欲せば
有似赴壑蛇  壑に赴く蛇に似たる有り
修鱗半已没  修鱗半ば已に没す
去意誰能遮  去意誰か能く遮らん
況欲繫其尾  況んや其の尾を繫がらんと欲す
雖勤知奈何  勤むと雖ども知んぬ奈何するを
兒童強不睡  兒童強ひて睡らず
相守夜讙譁  相守りて夜讙譁す

# by mteisi | 2020-01-22 08:04 | 蘇東坡
朝歌1月21日
朝歌1月21日_c0169176_08112607.jpg
am7:45

朝歌1月21日_c0169176_08113081.jpeg
べにぐものうえにしらくもべにぐもと

朝歌1月21日_c0169176_08113220.jpeg
紅雲上于白紅白雲 鼎

# by mteisi | 2020-01-21 08:13 | 朝歌
萬葉集1621
萬葉集1621_c0169176_08093504.jpeg
璞之 年緒永 何時左右鹿 我戀將居 壽不知而
あら玉の 年の緒長く 何時までか 吾が戀ひ居らむ 命知らずて

萬葉集1621_c0169176_08145329.jpeg
今者吾者 指南与我兄 戀爲者 一夜一日毛 安毛無
今は吾は 師なむよ我が背 戀すれば 一夜一日も 安けくも無し

# by mteisi | 2020-01-21 08:10 | 萬葉集