朝歌8月15日
c0169176_07064492.jpeg
am6:08

c0169176_07064895.jpeg
かぜまぜのあまおとのするけさぞらは

c0169176_07065196.jpeg
雨音風交今朝文様 鼎

# by mteisi | 2019-08-15 07:08 | 朝歌
萬葉集1456
c0169176_07040687.jpeg
足日木能 山櫻戸乎 開置而 吾待君乎 誰留流
あいひきの 山櫻戸を 開き置きて 吾が待つ君を 誰か留むる

c0169176_07040940.jpeg
月夜好三 妹二相跡 直道柄 吾者雖來 夜其深去來
月夜よみ 妹に逢わむと 直道から 吾は來つれど 夜ぞ更けにける

# by mteisi | 2019-08-15 07:05 | 萬葉集
c0169176_07052243.jpeg
キ はかる・みずのと
象形
台座として用いる柎足の形。
木を十字に交叉して組んだ形。
これでものを度(はかる)こともあり、
揆とは揆(はか)ること、
揆度をいう。

# by mteisi | 2019-08-15 07:05 | 語源で遊ぶ
詩経924
c0169176_07030993.jpeg
仲山甫之徳 柔嘉維則 仲山甫の徳 柔嘉にして維れ則あり
令儀令色 小心翼翼  儀を令くし色を令くし 小心翼翼たり
古訓是式 威儀是力  古訓是れ式り 威儀是れ力む
天子昰若 明命使賦  天子昰れ若ひ 明命賦せしむ


# by mteisi | 2019-08-15 07:03 | 詩経
朝歌8月14日
c0169176_07572070.jpg
am7:29

c0169176_07572330.jpeg
とりさんわしらくものなかとびゆきて

c0169176_07572690.jpeg
飛鳥三羽白雲中行

# by mteisi | 2019-08-14 07:58 | 朝歌
萬葉集1464
c0169176_07553431.jpeg
敷𣑥乃 枕巻而 妹与吾 寐夜者無而 年曾經來
しきたへの 枕をまきて 妹と吾と 寐る夜は無く 年ぞ經にける

c0169176_07553788.jpeg
奥山之 眞木乃板戸乎 音速見 妹之當乃 霜上尒宿奴
奥山の 眞木の板戸を 音速み 妹があたりの 霜の上にねめ

# by mteisi | 2019-08-14 07:56 | 萬葉集
c0169176_07562392.jpeg
キ いのる
形声
声符は斤。
斤に圻・沂(き)の声がある。
祈雨・祈年のように年穀を祈り、
また祈寿・祈福のように多幸を祈る。
後期の字に旂があるが、
旗竿に吹き流しと斤なので、

# by mteisi | 2019-08-14 07:56 | 語源で遊ぶ
詩経923
c0169176_07544056.jpeg
烝民
天生烝民 有物有則  天烝民を生ず 有物れば則有り
民之秉彝 好是懿德  民の秉彝 是の懿德を好む
天監有周 昭假于下  天の有周を監し 下に昭假す
保茲天之 生仲山甫  茲の天之を保んじて 仲山甫を生む

# by mteisi | 2019-08-14 07:55 | 詩経
朝歌8月12日
c0169176_07251186.jpeg
am6:13

c0169176_07252188.jpeg
あおいそらはごろもぐもをあそばせて

c0169176_07252450.jpeg
天青羽衣雲如爲遊 鼎


# by mteisi | 2019-08-12 07:27 | 朝歌
萬葉集1463
c0169176_07224893.jpeg
夕卜尒毛 占尒毛告有 今夜谷 不來君乎 何時將待
夕卜にも 占にも告れる 今夜だに 來まさぬ君を 何時とか待たむ

c0169176_07225019.jpeg
眉根掻 下言借見 思有尒 去家人乎 相見靏鴨
眉根掻き 下いふかしみ 思へるに いにしへ人を 相見つるかも

# by mteisi | 2019-08-12 07:23 | 萬葉集