朝歌3月20日
c0169176_07255621.jpg
am5:33

c0169176_07260104.jpeg
おやこんなところにあかいまんげつが

c0169176_07260319.jpeg
奇怪何処赤為満月 鼎

# by mteisi | 2019-03-20 07:27 | 朝歌
c0169176_07251544.jpeg
エイ みどりご・くびかざり・かける
会意
■(貝貝えい)と女からなる。
エイは纓の初文で、
貝を綴った首飾りの呪具。
これを新生の女子の首飾りとして加えるので、
また嬰児の意となる。

# by mteisi | 2019-03-20 07:25 | 語源で遊ぶ
萬葉集1335
c0169176_07241955.jpeg
朝戸出 公足結乎 閏露原 早起 出乍吾毛 裳下閏奈
朝戸出の 君が足結を 濡らす露原 早く起きて 出でつゝ吾も 裳裾濡らさな

c0169176_07242358.jpeg
何爲 命本名 永欲爲 雖生 吾念妹 安不相
何せむに 命をもとな 永く欲りせむ 生けりとも 吾が思ふ妹に 易く逢はなくに



# by mteisi | 2019-03-20 07:24 | 萬葉集
詩経601
c0169176_07231801.jpeg
帝謂文王       帝文王に謂う
無然畔援 無然歆羨  然く畔援することなかれ 然し歆羨すること無かれ
誕先登于岸      誕に先づ岸に登せよと
密人不恭 敢距大邦  密人不恭 敢て大邦を距み
侵阮徂共       阮を侵し共に徂く

# by mteisi | 2019-03-20 07:23 | 詩経
朝歌3月19日
c0169176_07425258.jpg
am5:30

c0169176_07425791.jpeg
くらやみのそらからおとすあまおとする

# by mteisi | 2019-03-19 07:45 | 朝歌
c0169176_07415270.jpeg
エイ まもる
形声
声符は韋。
韋は城郭の形である囗(い)の上下を巡回する形で、
それを行(十字路の形)の間においた形声字が衛。
金文に囗の四辺に止(足あとの形)を加えたものがあり、
その字が衞の初文。

# by mteisi | 2019-03-19 07:42 | 語源で遊ぶ
萬葉集1334
c0169176_07404005.jpeg
惠得 吾念妹者 早裳死耶 雖生 吾迩應依 人云名國
うるはしと 吾が思ふ妹は 早も死なぬか 生けりとも 吾に寄るべしと 人の云はなくに

c0169176_07404543.jpeg

狛錦 紐方叙 床落迩祁留 明夜志 將來得云者 取置待
高麗錦 紐の片へぞ 床に落ちにける 明日の夜し 來なむと云はば 取り置きて待たむ



# by mteisi | 2019-03-19 07:41 | 萬葉集
詩経600
c0169176_07391203.jpeg
維此王季 帝度其心  維れ此の王季 帝其の心を度る
貊其徳音 其徳克明  貊たる其の徳音 其の徳克く明なり
克明克類 克長克君  克く明に克く類し 克く長たり克く君たり
王此大邦 克順克比  此の大邦に王とし 克く順に克く比す
比于文王 其徳靡悔  文王に比して 其の徳悔ゆるし
既受帝祉 施于孫子  既に帝祉受け 孫子に施く

# by mteisi | 2019-03-19 07:39 | 詩経
朝歌3月18日
c0169176_07393340.jpg
am6:55

c0169176_07393767.jpeg
かすみぐもまいひめのごとほゝえみて

c0169176_07394082.jpeg
紗雲舞姫微妙然為 鼎

# by mteisi | 2019-03-18 07:41 | 朝歌
c0169176_07385523.jpeg
エイ みちる・あまる
形声
声符はヱイ。
やどかりの象形。

# by mteisi | 2019-03-18 07:39 | 語源で遊ぶ