朝歌5月15日
c0169176_07171845.jpg
am5:30

c0169176_07172384.jpeg
あおきそらやさしくつつむくもゝよう

c0169176_07173186.jpeg
蒼空抱柔雲様靜遊

# by mteisi | 2019-05-15 07:19 | 朝歌
c0169176_07155741.jpeg
カイ もとめる
会意
篆文の字形は勹(人の側身形)と亡からなるが、
卜文・金文の字形は匕(か)に従い、
死者の残骨をよせあつめた形。
鄭重に葬られることのない死者の骨は、
怨霊として呪能をもつものであり、
これを用いて祈る呪儀を■(勹亡・丐)という。

# by mteisi | 2019-05-15 07:16 | 語源で遊ぶ
萬葉集1391
c0169176_07194702.jpeg
山髙苣 白露重 浦經 心深 吾戀不止
山ぢさの 白露しげみ うらぶるる 心も深く 吾が戀やまず

c0169176_07143230.jpeg
湖 核延子菅 不竊隱 公戀乍 有不勝鴨 
港に さ根ばふ小菅 ぬすばはず 君に戀ひつゝ ありかてぬかも




# by mteisi | 2019-05-15 07:15 | 萬葉集
詩経655
c0169176_07134161.jpeg
鳳凰于飛 ■(歳羽)々其羽  鳳凰于に飛ぶ カイカイたる其の羽
亦傳于天 藹藹王多吉人  亦天に傳る 藹藹として王吉人多し 
維君子命 媚于庶人    維れ君子命じ 庶人を媚す

# by mteisi | 2019-05-15 07:14 | 詩経
朝歌5月14日
c0169176_07210182.jpg
am6:43

c0169176_07210503.jpeg
ねずぞらはぐれえとおんにやわらぎて

c0169176_07210764.jpeg
今朝空容和音鼠調

# by mteisi | 2019-05-14 07:22 | 朝歌
萬葉集1390
c0169176_07194702.jpeg
路邊 草深百合之 後云 妹命 我知
路の邊の 草深百合の 後にとふ 妹が命を 吾知らめやも

c0169176_07195082.jpeg
湖葦 交在草 知草 人皆知 吾裏念
港葦に 交れる草の しり草の 人皆知りぬ 吾が下思ひを



# by mteisi | 2019-05-14 07:20 | 萬葉集
詩経654
c0169176_07155928.jpeg
鳳凰于飛 ■(歳羽)々其羽  鳳凰于に飛ぶ カイカイたる其の羽
亦集爰止 藹藹王多吉士  亦集まりて爰に止る 藹藹として王吉士多し
維君子使 媚于天子    維れ君子使し 天子を媚す

# by mteisi | 2019-05-14 07:19 | 詩経
朝歌5月13
c0169176_17052105.jpg
am7:13

c0169176_17062505.jpeg
めのまえはもやかけぞらのしろぴちめん

c0169176_17063148.jpeg
窓前空居一面白靄

# by mteisi | 2019-05-13 17:08
萬葉集1389
c0169176_17013367.jpeg
吾背兒尒 吾戀居者 吾屋戸之 草佐倍思 浦乾來
吾が背子に 吾が戀じ居れば 吾がやどの 草さへ思ひ うらぶれにけり

c0169176_17013614.jpeg
朝茅原 小野印 空事 何在云 公待
朝茅原 小野に標結ふ 空言を いかなりと云ひて 君をし待たむ



# by mteisi | 2019-05-13 17:02 | 萬葉集
c0169176_17022342.jpeg
ガ のる・しのぐ
形声
声符は加。
加に架けわたす意がある。
駕は車に馬をつけること。

# by mteisi | 2019-05-13 17:02 | 語源で遊ぶ