見_c0169176_08104418.jpeg
ケン・ゲン みる・あらわれる
象形
目を主とした人の形。
望見を望といい、
跪いて視るを見という。
見るという行為は、
対者に向って霊的な交渉をもつことを意味する。

# by mteisi | 2020-01-21 08:10 | 語源で遊ぶ
蘇東坡34
蘇東坡34_c0169176_08081331.jpeg
東鄰酒初熟  東鄰酒初めて熟し
西舍彘亦肥  西舍彘亦た肥ゆ
且爲一日歡  且く一日の歡を爲し
慰此窮年悲  此の窮年の悲みを慰めむ
勿嗟𦾔歳別  嗟する勿れ𦾔歳の別
行與新歳辭  行々新歳と辭せん
去去勿囘顧  去去囘顧する勿れ
還君老與衰  君に老と衰とを還さん

# by mteisi | 2020-01-21 08:09 | 蘇東坡
朝歌1月20日
朝歌1月20日_c0169176_08263228.jpg
am7:17

朝歌1月20日_c0169176_08263823.jpeg
そとねずあおをまぶしてそらができ

朝歌1月20日_c0169176_08264142.jpeg
白与鼠含靑而空 鼎

# by mteisi | 2020-01-20 08:28 | 朝歌
犬_c0169176_08255673.jpeg
ケン いぬ
象形
犬の形。

# by mteisi | 2020-01-20 08:26 | 語源で遊ぶ
萬葉集1620
萬葉集1620_c0169176_08244096.jpeg
不相念 公者雖座 片戀丹 吾者衣戀 君之光儀
相思はず 君はいませど 片戀に 吾はぞ戀ふる 君が光儀に

萬葉集1620_c0169176_08244399.jpeg
味澤相 目者非不飽 携 不問事毛 苦勞有來
あぢさはふ 目は飽かざらぬ 携はり 言問はあなくも 苦しかりけり

# by mteisi | 2020-01-20 08:25 | 萬葉集
蘇東坡33
蘇東坡33_c0169176_08223621.jpeg
別歳
故人適千里  故人千里に適く
臨別章遅遲  別に臨んで尚ほ遅遲たり
歳行那可追  歳の行くは那ぞ追ふ可けんや
問歳安所之  歳に問ふ安にか之く所ぞ
遠在天一涯  遠く天の一涯に在り
已逐東流水  已に東流の水を逐ひ
赴海歸無時  海に赴いて歸る時なし

# by mteisi | 2020-01-20 08:23
朝歌1月19日
朝歌1月19日_c0169176_08011180.jpg
am7:27

朝歌1月19日_c0169176_08011966.jpeg
ふわふわのかすみのくもにひびきあり

朝歌1月19日_c0169176_08012273.jpeg
不和布○霞雲有韻 鼎


# by mteisi | 2020-01-19 08:02 | 朝歌
萬葉集1619
萬葉集1619_c0169176_07581274.jpeg
念管 坐者苦毛 夜干玉之 夜尒至者 吾社湯龜
思ひつゝ をれば苦しも ぬば玉の 夜になりせば 吾こそ行かめ

萬葉集1619_c0169176_07581644.jpeg
情庭 燎而念杼 虚蟬之 人目乎繁 妹尒不相鴨
心には 燃えて思へど うつせみの 人目を繁み 妹に逢はぬかも

# by mteisi | 2020-01-19 07:58 | 萬葉集
蘇東坡32
蘇東坡32_c0169176_07563451.jpeg
歳晩 三首

歳晩 相與餽問爲餽歳酒食相邀呼爲別歳 至除夜 達旦不眠爲守歳蜀之風俗如是 余官於岐下 歳暮思歸 而不可得 故爲此三詩 寄子由

歳晩 相與に餽問するを餽歳と爲す 酒食相邀呼するを別歳と爲す 除夜に至り 旦に達して眠らざるを守歳と爲す 蜀の風俗是の如し 余岐下に官し 歳暮歸を思ひ 而も得べからず 故に此の三詩を爲り 子由に寄す

# by mteisi | 2020-01-19 07:57 | 蘇東坡
朝歌1月18日
朝歌1月18日_c0169176_07520629.jpg
am7:07

朝歌1月18日_c0169176_07521497.jpeg
あわきあやべにあおしろのくもうかべ

朝歌1月18日_c0169176_07522011.jpeg
淡青彩化紅靑白雲 鼎

# by mteisi | 2020-01-18 07:55 | 朝歌