古今和歌集159
c0169176_7255351.jpg

題しらず
   よみ人しらず

こぞの夏 なきふるしてし 郭公
それかあらぬか こゑのかはらぬ

いま鳴いているのは去年の夏、
鳴き古したあのほととぎすであろうか、
それとも別のほととぎすであろうか。
鳴き声が去年のと少しもかわっていないが。
# by mteisi | 2010-11-05 07:31 | 古今和歌集
古今和歌集158
c0169176_7283874.jpg

   紀秋岑
夏山に こひしき人や いりにけむ
声ふりたてて なく郭公

夏山に恋しい人でも籠ってしまったのであろうか、
ほととぎすは声をふりしぼって、鳴きたてているが。
# by mteisi | 2010-11-04 07:32 | 古今和歌集
古今和歌集157
c0169176_7183375.jpg

   みぶのただみね

くるるかと 見ればあけぬる なつのよを
あかずとやなく 山郭公

いま日が暮れたかと思っていると、すぐ夜が明けてしまった短い夏の夜を、
飽きたりないと鳴くのであろうか、あの山ほととぎすは。
# by mteisi | 2010-11-03 07:22 | 古今和歌集
無学宗衍
c0169176_7421653.jpg

雀居のご亭主から茶室の床の写真が送られてきた。
いい感じに色合いが出て表具のよさもうまくでている。
大徳寺378世の無学宗衍(そうえん)の書。
淡墨の色合いがとても和らぎのある空気を醸し出している。
なんといっても入の字の筆致が面白い。
このようなことが平気でやれるところに
禅味の魅力がある。
# by mteisi | 2010-11-02 07:55 | 歴史的な作家と書
古今和歌集156
c0169176_7181774.jpg

   きのつらゆき

夏の夜の ふすかとすれば 郭公
はくひとこゑに あくるしののめ

夏の夜はまことに短く、ちょっと横になったかと思うと、
ほととぎすの鳴く一声で、もう東の空があけそめることであるよ。
# by mteisi | 2010-11-01 07:22 | 古今和歌集
雀居粥茶会

風花山叢」の茶会が縁で、お誘いいただいた粥茶会。
何も知らないのに正客になって、図々しく出かけていった。
造成された住宅の中の一画でとくに趣のある場所ではなかった。
ところが「雀居」へ一歩踏み込むと空気が一変した。
無造作に並べられた踏み石の趣きだった。

玄関に入るとさりげない設え
ほっとするが、身も引きしまる。
狭い控えの間で身支度をととのえ、
次の部屋へと移動する。
c0169176_23123170.jpg

薄暗い狭い部屋の床には不昧公の軸がかかっていた。
明かりがともされ、この部屋でお粥をいただく。
炉が切ってありスッキリとした鉄の自在に
注ぎ口のついたキリリとした釜が掛けてある。
新しい作家の仕事とのこと、とても凜とした羽釜作りだった。
その釜に米を流しこまれ、お粥は作られた。
c0169176_2315718.jpg

c0169176_23162698.jpg

向こう付けに鯛の刺身が盛られ、
ちりめん山椒と昆布の佃煮をおかずに最初の一膳。
次に炭であわびがが焼かれて二膳目。
お漬け物で三膳目をいただく。
アルデンテからとろとろの粥と、
三膳のお粥がとても贅沢な時を味あわせてくれた。

玄関をでて待合いに腰掛けて待っていると、
しばらくしてやわらかい銅鑼の音が響く、
その音でご亭主のお出ましを待つ。
緊張感が走る。
c0169176_23201383.jpg

軽いあいさつの後茶室へ。

c0169176_2318292.jpg

つくばいで手を清めにじり口から中へはいる。
現れた軸の風情は簡潔な豊かさで「入茶」と書かれている。
無学の落款に無学祖元だと思った。このような書も書くのかと思った。
記憶している書とは空気が違った。
無学宗衍(むがくそうえん)の書ということだった。
カメラの使い方が解らずフラッシュがたけず
書を見てもらえないのが残念。
入の字の意匠が面白くハッとさせられる魅力がある。
軸の仕立ても素晴らしい。
ベージュ系の彩度の違う二種類の布をさりげなく使い、
一文字の竹屋の金が鮮やかだった。
明かりが吟味された時の移ろいは新鮮。
お濃い茶をいただく濃厚な渋みが深い味わいに感じた。
お菓子をいただきながらお薄をもらう。
私の好みだろうと山茶碗で点ててもらい、
至福の一時だった。
c0169176_23333263.jpg


にじり口から退出し庭でご亭主にごあいさつして、
初の茶会は終わった。

これからお茶のことも見つめながら、
書の楽しさを伝えたいと思った。
# by mteisi | 2010-10-31 23:29 | あそび
古今和歌集155
c0169176_71509.jpg

   大江千里

やどりせし 花橘も かれなくに
などほととぎす こゑたえぬらむ

ほととぎすが宿っていた花橘もまだ枯れないのに、
どうしてほととぎすは声がしなくなってしまったのであろうか。
# by mteisi | 2010-10-30 07:19 | 古今和歌集
古今和歌集154
c0169176_1335343.jpg

夜やくらき 道やまどへる ほととぎす
わがやどをしも すぎがてになく

夜が暗いからなのか、それとも道を迷ったのか、
ほととぎすが、私の屋敷のあたりを、
通りすぎかねていつまでも鳴いているよ。
# by mteisi | 2010-10-29 13:40 | 古今和歌集
古今和歌集153
c0169176_7224351.jpg

寛平の御時のきさいの宮の歌合のうた
   紀(きの)とものり

五月雨に 物思ひおれば 郭公
ふかくなきて いづちゆくらむ

寛平の御時の后の宮の歌合に番(つか)われた歌。

さみだれの降りつづく夜、物思いをしていたところ、
夜がふけてからほととぎすが鳴いて飛びすぎたが、
いったいどちらの方角をさして行くのであろうか。
# by mteisi | 2010-10-28 07:29 | 古今和歌集
古今和歌集152
c0169176_7224730.jpg

   みくにのまち

やよやまて 山郭公 事づてむ
我世の中に すみわびぬとよ

まあまあ待っておくれ、山へ帰るほととぎすよ。
山人に伝言を頼みたいのである。
私もこの世のに住むのがいやになって、
山へでも入りたくなったと。 
# by mteisi | 2010-10-27 07:28 | 古今和歌集