今朝の一筆
c0169176_646272.jpg
小澤征爾と音楽について咄をする。小澤征爾×村上春樹

書家必見の書だ。
私はこの二人のように
貪るように書を食らったことがない。
このように楽しんだことがない。

書の文化は真似ばかりだ。
個性といいながら、
あるのは口ばかり、
書を写すんじゃなくて、
食べないと駄目だ。
たくさん食べて
旨さを語り合おう。
# by mteisi | 2011-12-15 07:00 | 自作の書
えっもうこんな
c0169176_7314326.jpg
am7:27

前の写真の右隅に白い点がついていたので、
月だったのかなと窓を開けたら、
空の様子は一変していた。
湧き上がる雲、
そこに紅をさして圧倒してくる。

何の気なしになしに空の写真を撮りだして、
空の様子、雲の在り方に心躍らせることが
多くなった。
喜ぶ数が増えたということか。
# by mteisi | 2011-12-14 07:38 | あそび
古今和歌集558
c0169176_7191677.jpg
am7:04
この静謐なかそけさにおはよう。

c0169176_7191225.jpg


寛平の御時きさいの宮の歌合のうた
  藤原としゆきの朝臣

恋ひわびて打ちぬる中に行きかよふ
夢のただぢはうつつならなむ

寛平の御時の后宮の歌合に番(つか)われた歌。

恋こがれわびしくなってまどろんだ夢の中で、
愛人のもとに人目をさけることもなく、
まっすぐ往来する道が現実であればよいがなあ。
# by mteisi | 2011-12-14 07:22 | 古今和歌集
今朝の一筆
c0169176_762490.jpg
ラちがったマ

粗密を動かしながら。

今日は午後2時から西日本書美術の解説。
面白いことになればいいのだが。
# by mteisi | 2011-12-14 07:18 | 自作の書
古今和歌集557
c0169176_7101758.jpg
am7:05
わずかに空が透けている。

c0169176_7101375.jpg


返し   こまち

おろかなる涙ぞそでに玉はなす
我はせきあへずたぎつせなれば

ほんの少しばかりの涙が袖について玉となるのである。
私の涙は、とてもせきとめることもできない。
悲しさのためにほとばしり流れる早瀬であるから。
# by mteisi | 2011-12-13 07:12 | 古今和歌集
今朝の一筆
c0169176_6491566.jpg


神を祭る時のようすを表している。
肉(傾いた月)と又(手)と示(祭卓)からできている。
肉を祭壇に供える様子。
卜文には示が省かれている。
字統には解説がないが、点々はお酒かもしてない。

察は廟の中で行う祭りで、
際は祖霊の降臨を迎える祭りをいう。

卜文(占いの言葉)は亀の甲羅や獣骨に刻まれているので、
甲骨文ともいう。
# by mteisi | 2011-12-13 07:07 | 語源で遊ぶ
西日本書美術展
c0169176_16101150.jpg
書者尋叡知、獨坐而愉楽。

西日本書美術展の飾り付けをしてきた。
明日13日から18日まで、
福岡市美術館で開催する。
公募展はどうしても類型的な作品が
並ぶことが多い。
この展覧会もその傾向が強いが、
これから面白い展覧会にしていきたい。

書体を網羅して開通褒斜道刻石(かいつうほうやどうこくせき)
のようにユーモラスに字を積んで見たかった。
# by mteisi | 2011-12-12 16:22 | 展覧会
古今和歌集556
c0169176_7105877.jpg
am7:09
綿の雲がかさなりあって厚い。

c0169176_710547.jpg


しもついづもでらに人のわざしける日、
真(し)せい法しのだうしにていへりける事を歌によみて、
をののこまちがもとにつかはしける   あべのきよゆきの朝臣

つつめども袖にたまらぬ白玉は
人を見ぬめの涙なりけり

下つ出雲寺で故人の法事を営んだ日、
真静法師が導師で、説教した経文を歌によんで、
小野小町のもとに贈った歌。

(今日の説経の無価宝珠は袖に包んで気づかなかったとのことであるが)、
私が気づかれないように包んでも袖につつみおおせない白玉は、
供養しても恋しい人に逢えないで流す涙であるよ。
# by mteisi | 2011-12-12 07:15 | 古今和歌集
今朝の一筆
c0169176_6471691.jpg
うゐのおくやま

c0169176_6472159.jpg
けふこえて

c0169176_6472567.jpg
あさきゆめみし

c0169176_6473018.jpg
ゑひもせす

クレーもどきいろはpart2
# by mteisi | 2011-12-12 06:52 | 自作の書
トラブル
c0169176_1626061.jpg
車輪取れる

充電してトラクターは動き出した。
1度目が終了し、
もう一度回ろうと思って、
後ろを見たら、
回転する刃のバランスをとる、
車輪の片方が取れてしまった。
これは壊れて外れた物を溶接をしたりして、
修理したところだった。
止めるナットが外れてしまった。
余分に買っておけばよかったのだが。
# by mteisi | 2011-12-11 16:33 | 野良しごと