王羲之
王羲之は書の世界では書聖と呼ばれ、どんな書よりも書の中心に置かれている人物。その前にも様々な書はあり、その後も沢山の書は生まれたが、その位置が変わることは無かった。
簡単にいえばウエストのくびれた右上がりの、瀟洒で颯爽とした書を書いた人。王羲之以後、大小・肥痩・疎密・強弱等々の変化によって、ドラマチックに見せることが始まった。草書と行書や楷書が混在される表現法は格好の自己表現の場だが、最近の書壇ではあまり見られない。
唐以後の書で、全く王羲之の影響を受けていない能書家を見出すのは難しいが、清代まで下ると出てくる。
王羲之に対する批判は知っている中では韓愈会津八一は俗調だと嫌い、柳宗悦は王羲之一個人の個性をなぜみんなが習うのかと批判している。私も王羲之の影響をたっぷり受けた一人で、その影響を消したいと思うが、無理に消すのもどうかなと思っているところ。
c0169176_18304716.jpg

孔侍中帖と呼ばれる尺牘(手紙)を臨書してみた。
# by mteisi | 2008-09-23 18:42 | 歴史的な作家と書
陶印
作品を作る時は、印も自分で作ったものを使うようにしている。独自の主張をしたときは篆刻家や印鑑屋さんの印では不似合いな場合が多い。特に従来の表現よりも何か違うものを作る時は、印にも新しい主張が欲しいと思っている。
陶印は石のものより線の表情が面白く上がる。きっちりとした技術を学ぶときは石で線の表情の出し方を身につけなくてはならないが、楽しむには陶印が適当かもしれない。
大人の方にも作ってもらったが、子どものものが形など面白いものが多かったので見てもらいたい。
c0169176_18391816.jpg

芙美ちゃん。土いじりが好きで轆轤も要領がよかった。形も装飾も面白い。
c0169176_18393413.jpg

祐理ちゃん。印作りが好きでいつも心待ちにしている。奥村の印は特に素晴らしい。
c0169176_18394950.jpg

太基君。意外とこった造形を作った。初めてだったが、底力を発揮した感じ。
c0169176_18403628.jpg

栞ちゃん。アルファベットが面白い。浅井はおじいちゃん。
# by mteisi | 2008-09-21 18:46 | 児童の指導
絵は
c0169176_23175149.jpg

絵はモナリザ・最後の晩餐・印象派・マネ・モネ・セザンヌ・ルノアール・キュビズム・ピカソ・ブラック・ポロック・ウォホール・等々並べればもっと沢山の名前を知っているし、その作品をイメージできる人は結構多いのではなかろうか。
ところで王羲之・鄭道昭・智永・虞世南・欧陽詢・褚遂良・顔真卿・蘇東坡・黄山谷・祝允明・八大山人・何紹基・王鐸・空海・最澄・佐理・定家・道風・大燈国師・光悦・良寛・慈雲・池大雅・白隠・仙厓などの名前を知っていて、作品が思い当たる人は日本の中にどれくらいいるのだろう。書は結構面白いものだと思うが、どういう人がどういう字を書いたかという情報がないと、ただ見ただけでは難しいのではなかろうか。大筆を持ってのパフォーマンスはエネルギーのほとばしりでそれとなく面白く感じれるが、色々な書を見て書のおいしいまずいを味わう人はとても少ないような気がしている。
もう少し情報を流す必要がある。
# by mteisi | 2008-09-20 23:21 | 歴史的な作家と書
c0169176_22404856.jpg

文字の中には人の姿が、いろいろな形で現れてくる。令もその一つで、礼冠を深々とかぶり跪いて神意を受けている形。みことのり・いいつける・よい・せしめる・たとえなどの意味がある。
人がどのような形で文字になっているか、面白いものを少しずつ紹介してみたい。卩はセツでひざまずく・しるしの意味があり、人が跪く形を表わしている。
c0169176_22412482.jpg

これは印の字で手で頭を押さえている形である。おさえる・しるし・はんの意味を持つ。
# by mteisi | 2008-09-18 22:44 | 語源で遊ぶ
五風十雨
c0169176_0232788.jpg

久し振りに昔の仕事に出会った。今作っている福岡書芸院の宣伝用の小冊子「SAI」の表紙に、1986年の「石印と書の会」のために制作した「五風十雨」使うことになった。当時は柳宗悦の民芸論に心酔していて、書表現も理解の出来ない漢詩より日常的な言葉を表現したり、理解できる漢字を書くことが書の真髄であると考えていた。篆刻も篆書を彫るだけではなく普通に読める字を彫ろうと、いろいろ彫っていた。カレンダーを作ったのが一番の傑作だったかもしれない。数字も全部手で押すので5.6部がやっとだったかもしれない。手許にあったカレンダーが見当たらなくて何月に当てていたか忘れたが、その中の一つがこの「五風十雨」。
この作品は10月にやる「KURASHIの中の美Ⅲ」でご一緒する染色と織りの中本扶佐子さんとの出会いの一作で、思い出深い作品の一つ。熊谷守一にも心底影響を受けていて、「五風十雨」の言葉も彼の作品集からもらった。書き出すと色々書くことが出てくる。
# by mteisi | 2008-09-18 00:31 | 自作の書
祐理ちゃん
みんな上手な字を書きたいと、一生懸命だ。でも上手なだけではつまらない。そこにちゃんとその人がいないと。顔真卿・蘇東坡・黄山谷みんな上手い、そして魅力的な顔がある。
祐理ちゃんは漢字がとても好きという。知らない字は字統をひいて調べてみる。そして声を出して読んでみる、知らない字も多いが意外と読めるのに感心する。
c0169176_2124278.jpg

c0169176_213116.jpg

# by mteisi | 2008-09-15 21:06 | 児童の指導
トタン焼き
寸時舎に行ってトタンを焼いてきた。その様子を写真に収めるつもりだったが、カメラを忘れ携帯も忘れたので映像をUPできなかった。
2枚焼いてあと2枚焼くのでその時はカメラを忘れないようにしよう。ブリキを焼くと油分が取れてマットなグレーになり、油の流れ具合により様々な模様が生まれてくる。
今回は10月のアクロス福岡での書展「一瞬」の会場演出に、鉄の簡易茶室とブリキで作った花入れで遊び空間を作ろうと思っている。
ブリキは結構手軽に遊べる。下の額は以前作ったもの。
c0169176_21102249.jpg

1999年の「ぎゃらりおいし」での個展の出品作。
「うしろすがたのしぐれていくか山頭火まえむいていこう」
c0169176_21104578.jpg

この額は焼かずに山形にして、板にローソクの絵を書いてみた。
2点とも寸時舎に置いていたが、持ち帰ってギャラリーで撮影。
# by mteisi | 2008-09-13 21:24 | 自作の書
陶印「書游探訪」
c0169176_22161241.jpg

告知用のB5版8ページの小冊子を作っている。会員の方の作品を見てもらうのに作品だけを飾るのは面白くないので、お家を訪ねて書のある風景を撮影することにした。カメラマンの梅本弘さんにお願いして、床の間に飾られた「遊心」という作品を素敵に撮ることができた。
この陶印「書游探訪」はそのコーナーのタイトル文字。一文字づつ彫って押してみた。隷書・篆書・楷書が混ざったような変わったものが欲しかったが、結構上手くいった。この冊子のために他にも印を彫ったり、挿入の古代文字を書いたりあわただしく遊んだ。
# by mteisi | 2008-09-12 22:17 | 自作の書
艸鴛会展
c0169176_22544920.jpg

熊本の鶴屋デパートで明日から16日(火)まで開催される、「艸鴛会展」の飾り付けをやってきた。
書の展覧会は解からないというのが、一般的な感想なので、何とか解かる面白い展覧会を考えている。壁面2面のだだっ広い空間だったので、鉄の棒で空間を切ってそこに、ブリキでこさえた花入れを置いてみた。
作品は表具に工夫を凝らし、インドの布などで因習的な様式にオヤッと思わせる質感や文様を加えてみた。
# by mteisi | 2008-09-09 23:03 | 展覧会
奇跡のリンゴ
c0169176_2315328.jpg

時間つぶしに本屋に寄ったら面白い本に出会った。以前から仕事は知っていたのだが、知らないことも沢山あって一気に読み上げた。
福岡さんに影響された人が素晴らしい成果を出すことはうれしいことだが、「無為」何もしないということがこのように壮絶であることは深く考えさせられる。
あらためて自然のとの関係の大切さを感じさせられたが、自然農法をもう少し楽に展開できたらと思う。福岡さん木村さんの経験からグータラをみつけよう。タイヤチェーンで除草できるのは素晴らしい。来年やってみる。
田圃だけはガードを固めて猪を防御するが、他は果物の木を植えていさかいを少なくしようと思う。雑草を刈るのもほどほどにして、どうなるか様子を見てみよう。土手は猪にボコボコにされていることだし。
# by mteisi | 2008-09-08 23:18 | 野良しごと